2010年04月05日

<虐待>容疑の行司逮捕…3歳長男ける 妻が被害届(毎日新聞)

 自宅で長男(3)の背中をけってけがをさせたとして、千葉県警印西署は29日、印西市若萩1、大相撲行司、小林亮太容疑者(32)を傷害容疑で逮捕した。小林容疑者は出羽海部屋所属の幕下行司で「木村林之助」を襲名している。同署によると「その通りです」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、2月27日午後5時45分ごろ、同市内の保育園に通う長男の背中をけり、3日間の軽傷を負わせたとしている。同署によると小林容疑者は妻(32)と長女(9)、長男、次男(1)の5人暮らし。妻は「長男が夫の靴下で遊び、その靴下をなくしたので激高した」と同署に被害届を出していた。

 小林容疑者が長男を平手打ちするなど虐待しているとして妻から昨年4月と今年1月にも相談があり、同署はその時には児童相談所に通報。虐待が繰り返されていた可能性があるとみて調べる。

 小林容疑者は大相撲春場所の巡業を28日に終え、宿泊先の堺市の寺にいたところを逮捕された。【黒川晋史】

 ◇「非常に残念」出羽海親方

 小林容疑者は1993年10月、日本相撲協会に採用され、出羽海部屋入り。同年九州場所に「木村保之助」の名で初土俵を踏んだ。07年初場所の幕下行司昇格に伴い、木村林之助に改名した。出羽海親方(元関脇・鷲羽山)は「非常に残念。ごく最近、うわさでは聞いていたが、まさか逮捕されるとは。このようなことが二度とないよう私生活でも指導していく必要がある」と述べた。

【関連ニュース】
大阪虐待死:死亡前日嘔吐、繰り返し暴行か 同居少年供述
2歳長男虐待死:母親に懲役7年の実刑判決 東京地裁
幼児虐待死:夫婦の主張に差、夫の判決確定…戸惑う裁判員
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
児童虐待:親権はく奪、35年で31例 児相申し立てで

自民幹事長、舛添氏と会談(時事通信)
逮捕男の車内から血液=東京・福生の路上殺害−警視庁(時事通信)
官房長官、首相元秘書初公判で「コメントする立場にない」(産経新聞)
J-CASTニュースをiPhoneで読もう!
「雇用支援機構」入札白紙へ、すべて傘下落札で(読売新聞)
posted by シゲタ チアキ at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

<掘り出しニュース>花月園競輪場“当たった、はずれた” 60年の歴史に幕(毎日新聞)

 【神奈川】当たった、はずれたで60年。1950年以来、合計約6400万人のファンが集った花月園競輪場(横浜市鶴見区)が31日夕、最後の開催を終え、60年の歴史に幕を閉じた。

 最終日の入場者は1万15人、売り上げは2億2268万3600円。他県ナンバーの車も詰め掛けた。午後4時半、最終レースがファンの大歓声とともに終わった。

 閉場式では、普段は入れないバンク内をファンが歩き、名勝負の思い出を懐かしんだ。審判員の田口喜尚さん(39)がジャン(打鐘)を夕暮れの場内に響かせ、別れを告げた。自分でたたくファンの列も続いた。

 前身は1914(大正3)年にできた日本初の児童遊園地「鶴見花月園」。ダンスホールや少女歌劇団もあった。戦後の1950年に競輪場となり、経済成長とともにブームとなったが、最近は赤字が続いていた。

 売り上げの総額は約1兆6000億円。年間最高は1988年度の約828億円。08年度は約143億円だった。入場者の年間最高は1974年度の約200万人で、08年度は約23万人。最盛期は全国で62場(1952年)あったが、これで46場になった。

 高台にある8万平方メートルの敷地の多くは県有地。「東京と横浜の中間の一等地」だ。地元の「跡地利用を考える会」(簡照子代表)は「公園などにしてほしい」と県、市に要請している。【網谷利一郎、写真も】

10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ−国家戦略室(時事通信)
水俣病未認定訴訟、チッソが和解案受け入れ(読売新聞)
保助看国家試験の合格者を発表―保健師と助産師の合格率が2ケタ台の減少(医療介護CBニュース)
少年2人を家裁送致=石巻3人殺傷事件−仙台地検(時事通信)
京浜東北線に男が立ち入り逃走(産経新聞)
posted by シゲタ チアキ at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表(医療介護CBニュース)

 4月1日に投開票が行われる日本医師会会長選挙に立候補している、現職の唐澤祥人氏、茨城県医師会長の原中勝征氏の両陣営は3月20日、副会長以下の役員候補者を、立候補の締め切り日である25日以降に発表する考えを明らかにした。京都府医師会の森洋一氏の陣営は「未定」としている。

 唐澤氏は、従来の「キャビネット選挙」はしない、との考えを改めて示した上で、「手を組めばいい仕事ができる人を代議員の皆さんに伝えたい」と述べた。また、鈴木聰男・選対本部長も、「(役員候補者を示さなければ)誰に投票すればいいのかを聞かれた時に無責任な感じがする」とし、唐澤氏が共に仕事をしたい「チーム」の候補者を発表する考えを示した。人数については定員(副会長3人、常任理事10人)と同数にならない可能性もあるとし、人選では「他(陣営)にもあちこち入っている方はご遠慮願うかもしれない」と述べた。

 唐澤氏同様、キャビネット選挙の見直しを主張している原中氏は、役員候補について「現執行部の中にも会員のために相当働ける人がいる。そういう人には残ってほしい」と述べ、現執行部役員の推薦に含みを持たせた。
 副会長候補については、「(立場や考え方が自分と)別の方が選ばれると会員に迷惑をかけると思う」と述べた上で、定員と同数の3人を推薦する考えを示した。また、常任理事候補については、「別系統から来た人でも一緒にやるつもりだ」と述べた。

■唐澤氏「途中退場はしない」
 唐澤氏は20日の記者会見で、25日までに立候補を辞退するのではないかとの問いに対し、「4月1日を迎えるまで頑張る。絶対に途中で退場することはない」と断言した。


【関連記事】
「全員参加、情報発信力ある日医に」―唐澤氏
キャビネット選挙どうする? 日医会長選3候補が見解
「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張
日医会長選、立候補3氏が初の公開討論
日医会長選の3候補が北海道医師会で演説

<訃報>村田良平さん80歳=元外務次官、核密約問題で証言(毎日新聞)
地下鉄サリン2人の被害者「苦しみ語り継ぐ」(読売新聞)
梅雨時の気温低い地域も…3か月予報(読売新聞)
北ガス、担当者2人に罰金刑=元支店長らは不起訴−14人死傷ガス漏れ・釧路簡裁(時事通信)
<水俣病損賠訴訟>和解案、チッソが受け入れ(毎日新聞)
posted by シゲタ チアキ at 03:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。